Shitaraba Lineage News

Translasion of Lineage

[全体] UI4次アップデート、多様化されたチャット システム

2010/07/30 00:44

[全体] UI4次アップデート、多様化されたチャット システム
便利な機能と多様なオプション追加、UI 4次リニューアルみたサーバー上陸!


2010年12周年を迎える新年初めてのリニューアルはユーザーインターフェース(以下'UI')の変化であった。 今までUIは3度にかけてリニューアルが進行されたし、今回の(28日水曜日)に四回目のUIリニューアルがみたサーバーに適用された。


-> UI 3次リニューアル、マップが変わる。 <-


今回のUI 4次リニューアルは操作がたくさん行くチャットと倉庫内アイテム整列などを重点に進行されたし、詳細な部分まで使用者の便宜を考慮したという点が特徴だ。 それなら既存のUIといかなる違う点があるのか一つずつ探ってみた。





?UI 4次リニューアル



1.小さいのは嫌いだ! HP/MPバー厚さ調節機能










オプション(Ctrl V)テプ環境設定でHP/MPバー厚さを既存の厚さの1段階で一段階厚い2段階まで調節が可能になった。



2.ミスで移動はもうそろそろ? HP/MPバー動くことができるクリック範囲の縮小




既存状態貼(塗)る移動させる時状態バー全体に移動クリック範囲で使えたが、今はリニージ時間を表示する部分だけで状態貼(塗)る移動させることができる。



3.急に悪化するということを知らせる方向指示器機能追加






HPが35%以下に落ちればHPが方向指示器は機能が追加された。 参考でMPは残余量に関係なく方向指示器であってしない。 また、HPの方向指示器は効果はキャラクターの全体HPが35%以下に落ちた時持続的に方向指示器であってしなくて時間差を置いてうっかりだということを注意しよう。


4.まかせる順序でないアイテムの名前と数量で倉庫内アイテム整列







リニューアル後倉庫アイテム整列は移動する順序でないアイテムの名前と数量で倉庫内アイテムが整列する。 基本的に名前順で羅列になっていて、数量で整列することを望むならばAmountをクリックすれば良い。 付け加えて名前で整列を望む時はハングル上がるということ車(茶)順、来臨車(茶)順、英文上がるということ車(茶)順、英文来臨チャ・スンイあって数量で整列を望む時は数量低い順と数量高い順で整列することができる。



5.インベントリの目録下段テプが倉庫内アイテムで






インベントリー目録下段テプと同じ機能が倉庫にも適用された。 目録下段テプを利用して簡単にアイテムを整列あるいは確認などができるようになった。



6.クリック土方はもうアンニョン?より一層手軽に併せソース/ハブを交換するNPC登場










文ルディー五の村ラポンス両側に米に(ソース商人)と市(詩)オール(ハブ商人)が追加された。 今ラポンスをクリックして最大10ヶずつ併せソースとハブを交換する必要がなくなったし、一括的に交換をするので(に)クリックを繰り返すことがなくなった。 また、ラポンスはこれ以上ソースとハブを交換してくれない。



7.短縮槍(窓)(ウィンドウ)に移されたアイテムも着用可否を確認することができる






装備着用はキャラクター装備着用状態確認テプとインベントリで確認できたのに、今は短縮槍(窓)(ウィンドウ)でも装備着用可否を確認することができるようになった。



8.システム メッセージOn/Off機能追加






システム メッセージOn/Offテプが追加されたがチャット ウィンドウのお知らせメッセージ、ポプ使用市(詩)案内される文句、アイテム使用およびトゥラプなどのチャット ウィンドウ メッセージをつくということと消えるということを選択することができるようになった。
この時、システム メッセージを消えることですれば/誰/見解など一般その他命令語も共に見られない。



9.命令語入力後チャットは行け! 今は選択したチャット チャネルを固定して使うことができる






過去、前菜槍(窓)(ウィンドウ)を使用時チャットに先立ち'&'という命令語を先に挿入するべきだったのに、今はそういう不必要な命令語を使わなくてもチャット チャネルを固定することができるようになった。



10.血盟内チャット ウィンドウ上位に公示機能






血盟君主が命令語' 'を入力後チャットを浮かせば血盟一番上部分に濃い緑色で公示事項になる。 イ上尉公示は約10秒間維持されて、一般ヒョルォンは使用できなくて見ることさえできる。

今までUI 4次リニューアル10種類の項目を調べた。 アップデート初日反応では倉庫内アイテム整列が意外に不便だという意見が多かった。 何よりインベントリ中に装備とその他アイテムを整理しておくユーザーらは倉庫に移動させるアイテムをインベントリ仮装の下の部分に置いてすぐに倉庫に任せる習慣が多いが、今回のリニューアルでアイテムを倉庫に任せるのが具合が悪くなったと口をそろえている。

一方、料理を一度に併せソースとハブに変えることができるNPCの登場は料理を普段楽しんで使うユーザーらには大きい人気を得ていて、 状態バーの厚さ調節および動くことができるクリック範囲最小化は非常に良いという評価があった。





?ある夏の夜の夢のように蒸し暑い夏を忘れることができるポプ イベント実施



1.各村に派遣された象牙塔の魔術師からポプを受けよう。

期間:7月28日から?別も公示日まで(終了日は今後公示予定)









派遣された象牙塔の魔術師に3,000アデンを支給すれば各種イ・ロウン ポプを受けられるのに、近距離ポプと長距離ポプを区分して受けることができる。
(近距離ポプと長距離ポプの蹴られるファイア ウエポンとウインドショットが違うだけだ)



2.ネットカフェ プロモーションの一環でイベント期間の間神秘な翼羽毛の2倍確立イベントが進行される。

期間:7月28日から? 8月11日定期点検時まで(2週間)













一方、UI 4次リニューアルと同時に同時接続子の数が急激に減ったことが確認された。 これはゲーム会社で不法プログラムを遮断してその間不法プログラムを使ってゲームに接続したキャラクターらが接続をできないことで推定されるのに、何ヶ所の猟場を見回すとオート ハンティングをするキャラクターの数が確かに減ったことが確認されたし、商店キャラクターらでぎっしり埋まった市場やはり暇だった。










だが時間が過ぎるほど不法プログラムを利用した無人自動ハンティング キャラクターが目撃されるので(に)完ぺきな不法プログラム遮断ではないのではないかという一部ユーザーらの憂慮の声もあるがゲーム会社が積極的に不法プログラム遮断に出たとのことに期待をするユーザーらも多かった。











付け加えて、平均接続子3,000人に近接したサーバーが1,000人序盤台の接続率を見せることに対してどんなユーザーは'今の接続子の数と以前平均接続子の数を比較する時、ある程度不法プログラム使用者の数は考えていましたが3分の2に該当する数が不法プログラムを使ったことに対しては驚きに耐えない。'と話した。 また他のユーザーは'オート キャラクターらが消えるのは良いが、すでに消耗アイテムの値段が上がっている。 その間オート キャラクターらがゲーム内経済にどれくらい影響を及ぼしたのか三三分かるようだ。'と話した。








このページの記事を読んで思いついたキーワードを入れてみてください。 キーワードはスペースで区切り複数設定できます。既にタグが付いている場合も追加可能です。 例:EP5 エルフ 実験

Tags : U UI アップデート ステ 

翻訳元 PLAY FORUM

KRNEWS HEAD LINE

RSS | ATOM

PICKUP TAGS

NEWS RANKING

  1. INTナイト? クラス別ステータス選好類型 best5(01/20)
  2. 新トーキングスクロールクエスト完全攻略(12/23)
  3. [全体] UI4次アップデート、多様化されたチャット システム(07/30)
  4. 倉庫、以前のようにインベントリ順に見える(07/31)
  5. 全サーバー最初, 真冥王の執行剣登場!(12/04)
  6. 竜騎士村, ベヒモス行き方案内(12/17)
  7. MR 200でダメージはいくら?(01/05)
  8. 新しいエルフ 50 レベルクエスト整理(11/26)
  9. 本サーバー, ステータス初期化-魔法アイテムアップデート(08/20)
  10. ハンティング時支出、ポーション値段など減らしてみよう(07/13)
Copyright(c) PLAYFORUM inc. All Rights Reserved. Lineageand Lineagethe Cross Rancor are registered trademarks of NCsoft Corporation. 1998-2007 Copyright NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute, and transmit Lineage the Cross Rancor in Japan. All Rights Reserved.