Shitaraba Lineage News

Translasion of Lineage

派手のウィザード, ウススハムのダークエルフ

2007/11/26 18:26

派手のウィザード, ウススハムのダークエルフ



[男ウィザードと女ダークエルフ]



他クラスの魅力を調べる最後の記事(ナイト). 最後に調べるクラスはウィザードとダークエルフクラスだ.


ゲームをする時中々にでモンスターたちを導いて狩りをするウィザードを難しくないようにあえる. 直接刀を持って争うのではない, 召還モンスターを利用して少ないおかゆだからいくら楽に見えるか? 自分は敵に打たれてポーションはポーションどおり使って経験値を得るのに, たれてはポーション一つ使わないで簡単に経験値を得る.


これだけではない. ウィザードプレーヤーたちが1ヶ所に席を取って幾多のモンスターたちを駆りながら狩る姿もたまに見られる. いわゆる ‘モールが狩り’というのだ. ライトニングストームやファイアボールのような全体魔法を使って幾多のモンスターをいっぺんに取ってアイテム及び経験値をワング窓得る姿は本当にうらやましいできなくて船が痛い. 筆者の場合はブラックナイト畑でブラックナイトたちを駆って一気に狩るウィザードたちを見た時最大の羨ましさを感じた.


ウィザードたちに生ずる羨ましさが彼らが狩り場にある時に限ることではない. プレーヤーたちの間のけんか, いわゆるフィールドでも彼らの魅力は目立つ. 彼らが駆使する多くの魔法たちはフィールドでも目立つ. 特にや ‘ディスインテグレート’という極めの魔法はプレーヤーたちの魂を奪う. 敵から受けるダメージの量を半切減らす ‘イミューントゥハーム’や時の武器を損傷させる ‘ウェポンブレイク’のような有用な魔法も例外ではない.


鋭いカルジル音とともにモンスターを順次倒して行くダークエルフの姿も狩り場で簡単に捜してみることができる. 力強い攻撃力でモンスターを倒すダークエルフの姿はウィザードとは違う派手であることを見せてくれる. ウィザードと一緒にモンスターを召還して狩りをするとか, 魔法として多くの匹のモンスターをいっぺんに殺す派手ではない, 順次素早くモンスターを倒す派手なことだ.


ダークエルフの姿は特に対人戦と呼ばれる pvpでより一層輝かしい. 高い体力を土台にして最強のクラスで君臨した記事(ナイト)クラスもいつも倒すダークエルフクラスの高い攻撃力は確かに私たちの魂を放すようにする.
狩り場やフィールドすべての所でプレーヤーたちの目を捕らえる二つのクラス, ウィザードとダークエルフ. 今度記事(ナイト)ではこの二つのクラスの魅力に対して集中分析して見る.


先に派手な魔法でプレーヤーたちの目を捕らえるウィザードクラス. やっぱり最大のウィザードの魅力はウィザードだけがゲーム内で駆使することができる派手な ‘魔法’であるのだ.


[ウィザード]

1. 派手な魔法






[ウィザードのトルネードとファイアーストーム]



象牙塔 8階狩り場., 多くの人のプレーヤーたちがパーティーを結んでするモールが狩りが盛んでいる.たいてい一人のプレーヤーがモンスターたちを誘引すればエルフプレーヤーが後から弓を射るとかウィザードプレーヤーが魔法を使う. 一番目立つのはやっぱりウィザードクラスの全体魔法.

アイアンゴーレム, リビングアーマーに向けて使用される 9段階魔法 ‘ライトニングストーム’は青い稲妻幹たちを吹き出して敵方を皆殺しさせる. 9段階魔法 ‘ファイアーストーム’は赤い火柱を作って敵方を皆殺しさせて, 8段階魔法 ‘ブリザード’は白い雪を振り撤いて敵方を全滅させる. 上魔法たちは派手なビジュアルを提供する同時に敵方をいっぺんに皆殺しさせるという点でプレーヤーたちの目を捕らえる.


プレーヤーたちの目を捕らえるのはウィザードたちの全体魔法だけではない. 一人やと言ったモストを対象にする一般魔法も派手なビジュアルとそれぞれの特徴たちでプレーヤーたちの目を捕らえる. 極めの魔法と呼ばれて, 巨大な槍(窓)を敵にさしてダメージを与える 10段階魔法 ‘ディスインテグレート’は学ぶことはよほど難しいが物物しい破壊力でプレーヤーたちの目を捕らえる. 相手の HPを吸収する 4段階魔法 ‘バンパイアリックタッチ’や相手に力強い爆発ダメージを与える 5段階魔法 ‘サンバースト’ などは学ぶことは易しいが使うに値する效果でプレーヤーたちを捕らえる.


それでもウィザードたちの魅力が彼らの派手な魅力に限るのではない. 效率が良くなくて使われない, のぼったところ ‘捨てられる魔法’ やはりかなり多い数になるからだ. レベルが高くなるによって相対的に低い段階の魔法よりは高い段階の魔法を使うようになって, ‘クリエイトゾンビ’と一緒に存在はしかし效率の低い魔法は相対的に使わなくなる.

それならウィザードのどんな点が彼らのまた他の魅力を作ることだろう? ‘魔法’に特化されているクラスだから ‘魔法’と言う(のは)領域では脱しないが彼らの派手な魔法とはまた他の魔法, ‘召還魔法’が彼らの魅力を作ると筆者は思う.



2. 召還魔法

リネージュアデンあちこちを歩き回れば多様な愛玩動物たちを導いて通うプレーヤーたちにあえる. ウルフ, ドーベルマン, シェパード, ラクンなど多様な動物たちはプレーヤーたちが彼らを育てるといういわゆる ‘テイミング’ システムを利用することで育てられることができる. 記事(ナイト)やエルフクラスが肉のようなアイテムを利用してウルフ, ドーベルマンのようなペットを飼うことができるのだ. このようなテイミングシステムはすべてのクラスが利用することができるシステムだからウィザードの魅力とは別個の話だ.


ウィザードの魅力はこのようなテイミングシステムとは反対で言える ‘ソモン’ システムで現われる. 魔法を通じてモンスターを召還するのだ. 多くの狩り場を歩き回ってみると ‘oooのバグベアー’, ‘oooのダイアーウルフ’と一緒にモンスター名前の前にプレーヤーのクラス人が書かれたモンスターたちにあえるのに, このようなモンスターたちがすぐ魔法を通じて召還されたモンスターたちだ. こんなにモンスターを召還するのはただウィザードクラスだけができる.


レベルによって召還することができるモンスターもドル選んで召還する楽しさも感じることができる. レベル 28 の時召還することができるウェアウルフから,70 の時召還することができるクーガーに至るまで多様なモンスターを召還することができるし, ‘サモンコントロールリング’という指輪を利用すればより一層多くのモンスターを召還することができる.


過去召還モンスター pvpに対するペナルティがなかった時ウィザードの召還魔法はウィザードの魅力を加えてくれた. 今は召還されたモンスターが一般プレーヤーを攻撃する時召還されたモンスター攻撃力の半分もならない攻撃力がプレーヤーたちの追加ダメージに換算されるが, 過去にはこのようなペナルティがなかったのでモンスターの攻撃力がありのままそのまま攻撃を受けるプレーヤーの追加ダメージに換算された.


それで幾多のウィザードたちが ‘バグベアー’や ‘キングバグベアー’のような過去にはちょっと力強かった召還モンスターで幾多のプレーヤーたちをいじめた. 村の前で通り過ぎるプレーヤーたちをいじめたりしたし, 一般 pvp市にも召還モンスターたちはよほど有用に利用された.


今は pvpでこのような召還モンスターのメリットは消えたが相変らず狩り場でその有用であることを見せてくれていて多くのウィザードプレーヤーたちが使っているし, 多くのプレーヤーたちにその魅力を見せてくれている.


‘魔法’と言う(のは)特化されたキャラクターらしくウィザードが ‘魔法’ そのものとしてキャラクターの魅力をふいたらダークエルフクラスは対人戦に特化された特徴そのものとしてキャラクターの魅力をふくと言える. 自分よりレベルが高い記事(ナイト)クラスを横たえるダークエルフクラスを見て多くのプレーヤーたちが ‘ウワー’という嘆声を上げたし, またそのためダークエルフクラスという新しいクラスで転向したりした.



[すべてクエルプ]

1. 対人戦に特化されたクラス

リネージュの二番目エピソード ‘The Cross Rancor(行き違った憎悪)’のアップデートと共に新しく登場したダークエルフというクラスは幾多の人々から関心を受けた. 君主, 記事(ナイト), エルフ, ウィザードという既存のクラスに新しい線を引く新しいクラスの追加という理由が一番大きくはあったがダークエルフというクラスが吹き出す高い対人戦能力も無視することができなかった.


今は消えたダークエルフの昔の魔法, ‘アーマーブレイク’. 現在エルフの火系列精霊魔法 ‘ソウルオブフレイム’のような效果を持った魔法だ. 持続時間の間重みの追加ダメージで攻撃することができた魔法で, 過去ダークエルフクラスの高い攻撃力を発揮するようにしてくれた.


決まった打撃を受け書かれていると言っても毎度攻撃の時その打撃を受け任意に換算されるリネージュと言う(のは)ゲームにおいて武器の最大追加ダメージで攻撃をするようにするということは相当なメリットと作用するからだ. 特にエンシェントソードと一緒に最大打撃を受け大きい武器の場合にはそのメリットがほとんど詐欺的に作用した.


[例えばこのようだ. 35/20の打撃値を持ったエンシェントソードの場合を見よう. 武器に書かれたアイテム情報によれば小さなモンスターには 35の打撃値を酒庫, 大きいモンスターには 20の打撃値を与えることになっている. しかしこんなに書かれている情報は武器の最大追加ダメージだ.


すなわち, こんなにアイテム情報に出ている打撃を受け枚攻撃の時換算される武器の追加ダメージではないというのだ. 毎度攻撃の時小さなモンスターには 1と言う(のは)最小追加ダメージから 35と言う(のは)最大追加ダメージにまで,大きいモンスターには 1と言う(のは)最小追加ダメージから 20と言う(のは)最大タギョックチエまでが任意の確率として適用される.


武器スペルスクロールでエンチャントする時にはすべての追加ダメージにエンチャントハンマンクムのダメージが追加される. 1 刀の場合小さなモンスターに 2と言う(のは)最小追加ダメージから 11と言う(のは)最大打撃値を任意の確率で与えるようになる. しかしアーマーブレイクを使用する時, 小さなモンスターや大きいモンスターに最大の打撃値を竝び確率は 100%で優に詐欺的になる.]


以前の ‘アーマーブレイク’が消えて新しく登場したダークエルフ魔法, ‘ダブルブレイク’ やはり対人戦に特化されたダークエルフと言う(のは)クラスをよく見せてくれると言える. ‘ダブルブレイク’は決まった確率で二倍の打撃値を与えるダークエルフ専用魔法で, 現在ダークエルフたちの高い攻撃力に助けになっている. 先立って話した ‘アーマーブレイク’と一緒に, 詐欺的な位ではないがそれでもダークエルフの高い攻撃力の核心魔法であるだけにうるさい魔法でもある. この外にも武器の追加打撃値を 5位あげてくれるシャドウファングもダークエルフの高い攻撃力に助けになる.


ダークエルフのクラスが攻撃力だけ強いことなら対人戦に特化されたとできない. 攻撃力は数えるだけなら相手攻撃にしおしおと崩れる ‘紙飛行機’と言う(のは)音を聞くことができるからだ. まるでStarCraftの ‘レース’と言う(のは)ユニットのようにね. ダークエルフは ‘紙飛行機’ではない. ダークエルフクラスは ‘アンキャニードッジ’と言う(のは)回避魔法を通じて彼らの生存率を高めることができるからだ.


ひとときは ‘アーマーブレイク’と言う(のは)魔法とともにダークエルフの買う魔法とも呼ばれた ‘アンキャニードッジ’. 今はたくさん下向きされたが今もその效能はすごいと言える.


この外にも一撃必殺技術と呼ばれる ‘ファイナルバーン’ やはり対人戦に特化されたダークエルフの姿をよく見せてくれると言える. 自分の HPと MP 皆を 1で作って相手に致命的なダメージを加える, 一種の賭博的な必殺技術なのに, 賭博人位あんまり使われない.


ダークエルフクラスの初めてモチーブが ‘暗殺者’だった位対人戦能力がすぐれたどの位当たり前したのも分からない. しかしダークエルフクラスの能力は対人戦にだけ限ることだけない. モンスター狩りやプレーヤーの間の pvp 皆戦闘能力を土台で成り立つという点で, 基本的に攻撃力がすぐれたダークエルフは狩り場でも高い效率を現わす.


2. 容易な狩り

本土ケイブの地下奥深い 7ツングネブ. 幾多のキングバグベアーとバグベアー, ドレッドスパイダーとケルベロスなどがプレーヤーたちを邪魔している. 厳密に言ったら財物になってくれると言うのが正しいがこれらは果てしなく生成されて死ぬことが繰り返されるから積もってしまえば狩る非常に困られる.


レベルが高くて装備がとても良いプレーヤーたちにおいてはこれらの攻撃が蚊がかむ位路しか感じられないがまだレベルが低くまともにできた装備が揃わないプレーヤーたちにおいてはこれらの攻撃が殴りにあっただけ痛い.


それでプレーヤーたちは体力回復ジュースやポーションを飲んで狩りに臨む.モンスターから得るようになるアデナの羊より狩りをしながら使ったポーションたちに入れたアデナの量がもっと多くものと決まっているなのに, このためによく記事(ナイト)プレーヤーたちは狩りをする時赤字が出ると話す.


たびたび狩りをしてキングバグベアーから ‘ムギマボズムンで’やケルベロスから ‘黒い血痕’を得るようになるのに, これは極めて珍しい確率なので普通は狩りを通じて得るお金より狩りのために入れるお金がもっと多い.


しかしダークエルフの場合は話がちょっと変わる. 先立って話した ‘アンキャニードッジ’としてモンスターたちの攻撃を回避して少ないポーションでも多くのモンスターを狩ることができるからだ. また, 攻撃力も他のクラスに比べて強いからモンスターたちを簡単に殺すことができる. 得るようになるアデナや高いアイテムの出る確率は他のクラスの狩りの時とまったく同じだが同じ時間内にもっと多いモンスターを狩るかも引き継いで, また少ない体力補充アイテムを使うから狩りの效率をふやすことができる.


今までリネージュ私の五つクラスの魅力を論じて見た. 君主のCHA, 記事(ナイト)の体力, エルフの無難, ウィザードの魔法, そしてダークエルフの攻撃力にまでそれぞれのクラスは各々それぞれ他の特性を土台にした魅力を持っていた.
相変らず多いプレーヤーたちがひたすら ‘強さ’, すなわち pvpでの能力のみを土台でプレーヤーの間の均衡を叫んでいる. “ダークエルフはこのようにしてこんなにパッチされなければならなくて”のような記事(ナイト)プレーヤーたちの叫びや, “記事(ナイト)はこのようにしてこのようにならなければならない”と言うダークエルフプレーヤーたちの主張が代表的な叫びだ. けんかがすなわちゲームであるリネージュで ‘pvp’位重要なこともないがこんなに ‘pvp’のみを土台として均衡が合わせられる場合, 既存に持っていたクラスの特性さえ忘れてしまうようにならないか?



Cerenis




  • コメント表示
  • コメント非表示

このページの記事を読んで思いついたキーワードを入れてみてください。 キーワードはスペースで区切り複数設定できます。既にタグが付いている場合も追加可能です。 例:EP5 エルフ 実験

翻訳元 韓国公式

KRNEWS HEAD LINE

RSS | ATOM

PICKUP TAGS

NEWS RANKING

  1. INTナイト? クラス別ステータス選好類型 best5(01/20)
  2. 新トーキングスクロールクエスト完全攻略(12/23)
  3. [全体] UI4次アップデート、多様化されたチャット システム(07/30)
  4. 倉庫、以前のようにインベントリ順に見える(07/31)
  5. 全サーバー最初, 真冥王の執行剣登場!(12/04)
  6. 竜騎士村, ベヒモス行き方案内(12/17)
  7. MR 200でダメージはいくら?(01/05)
  8. 新しいエルフ 50 レベルクエスト整理(11/26)
  9. 本サーバー, ステータス初期化-魔法アイテムアップデート(08/20)
  10. ハンティング時支出、ポーション値段など減らしてみよう(07/13)
Lineageand Lineagethe Cross Rancor are registered trademarks of NCsoft Corporation. 1998-2007 Copyright NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute, and transmit Lineage the Cross Rancor in Japan. All Rights Reserved.