Shitaraba Lineage News

Translasion of Lineage

[ガード]久しぶりにコン・ソンハとかぴりっとします!

2009/08/21 15:04

[ガード]久しぶりにコン・ソンハとかぴりっとします!

静かだったガードリサーバーに経歴前で信号弾が鳴った。

去る7月15日(水)すべての誠意経歴周期が4日から7日に, 時間は毎週日曜日20時で一括変更された。 他のサーバーとは違いしんとした姿だったガードリサーバーラインらも長くなった周期ぐらい大きくなった利権のせいなのか少しずつ経歴に熱を上げる雰囲気だ。

下はアップデート後ガードリサーバーのカン性とナンソン経歴前スケッチだ。

経歴が宣言された。 スソン側(決議ライン)には余裕が見える。 その間シンウイ ライン側の攻撃が思わしくなかったせいだ。 しかし今回は予想外の仕事が広がった。

シンウイ ラインでない前同盟だった伝説穴(カスパ, 伝説義手護持, 暗黒)が突然攻撃を始めたのだ。

相変らず同槍(窓)を突き抜けるために伝説穴のはやい支援が始まるや決議ラインでは慌てる姿が見える。 反面序文(西門)は暇な姿を見せて同槍(窓)と違い性に進入する伝説穴を一つ二つ牽制する余裕が見える。

いくらの時間が流れたのだろうか。 初めてと違い伝説穴の人員が少しずつ陥っている。 他の性を攻略するためにであろうか。 この焚いたと思ってノータッチ血盟伝説穴を制圧するために後から打って上がってきたが隠れている法司と格数によって失敗する。 伝説穴に比べて,人員も多いのにかかわらず,少し押される姿が見えて残念だ。

カン性で激しい戦闘を行った決議ラインと伝説穴. あっという間に決議ラインの勢いで伝説穴を制圧したのかカン性は沈黙だけ流れた。

同じ時刻ナンソン内省(耐性)に到着してみると彼らが守護塔をチョンニョマン状態だ。 すでにその前に激しい経歴戦があったようだ。 相手決議ライン ユーザーらは再整備中なのか少数ユーザーらだけ守護塔に向かって,進軍中だ。

再整備完了とともに決議ライン キョクスドゥル5時側橋(脚)へ向かう。 5時側から活発なフィールドがイルォジルツム突然7時側橋(脚)で伝説穴がきた。 そして彼らを守るように守護塔周囲を防いだ。 この頃ユーザーらの間で彼らと伝説穴が同盟を結んだといううわさが出回っているのに本当に同盟を結んだことだろうか。

経歴前終わる5分前, 反転が起きた。 彼らと伝説血路ぎっしり埋まったナンソンがいつのまにかシンウイ ラインが獲得したし, シンウイ ラインで囲んだアデン城が伝説穴が獲得したことでこの日経歴前は仕上げされた。

ヤン ライン皆各ソンを食べるために激しい戦いを行ったが, 皆に物足りなさは残った。 ゼウス穴日光は"干すと思うことなしにヤン ライン皆自分ことだけ取りまとめようとする欲がとても見える。 今はアップデート後初めての経歴なので当分は激しいだろうがわずかばかりで,いくつかの性が捨てられるようだ"として多少残念な姿を見せた。

また, これを見守った中立らは"明らかにラインらはお金になるソンマン持っていくだろう。 それでは残り性を持つために中立らが徐々に起きないだろうか。"と用心深く話しかけた。

戦闘に最善を尽くしたようにライン ユーザーら!

ガードリサーバーのために今よりさらに激しくて活発な経歴前を作るように願う。

このページの記事を読んで思いついたキーワードを入れてみてください。 キーワードはスペースで区切り複数設定できます。既にタグが付いている場合も追加可能です。 例:EP5 エルフ 実験

Tags : none..

翻訳元 Game About

KRNEWS HEAD LINE

RSS | ATOM

PICKUP TAGS

NEWS RANKING

  1. INTナイト? クラス別ステータス選好類型 best5(01/20)
  2. 新トーキングスクロールクエスト完全攻略(12/23)
  3. [全体] UI4次アップデート、多様化されたチャット システム(07/30)
  4. 倉庫、以前のようにインベントリ順に見える(07/31)
  5. 全サーバー最初, 真冥王の執行剣登場!(12/04)
  6. 竜騎士村, ベヒモス行き方案内(12/17)
  7. MR 200でダメージはいくら?(01/05)
  8. 本サーバー, ステータス初期化-魔法アイテムアップデート(08/20)
  9. 新しいエルフ 50 レベルクエスト整理(11/26)
  10. ハンティング時支出、ポーション値段など減らしてみよう(07/13)
Copyright(c) GAME ABOUT inc. All Rights Reserved. Lineageand Lineagethe Cross Rancor are registered trademarks of NCsoft Corporation. 1998-2007 Copyright NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute, and transmit Lineage the Cross Rancor in Japan. All Rights Reserved.