Shitaraba Lineage News

Translasion of Lineage

[イシルロテ] アデン城よりはケンソングがもっと急だ!

2007/06/08 15:46

[イシルロテ] アデン城よりはケンソングがもっと急だ!

攻城に専攻が大きい事故屋血盟...何の事なのか?

ギョックスが不足でもわれらは熱心にしました~

難性より派手だったし格好よかった. 両ラインギョックスドルの不足が惜しかったが夕立ちみたいなエルフたちの矢と鋭い魔法を飛ばすウィザードたちがあったから 7日あったケンソング攻防戦は去る難性の攻城より派手な姿を見せてくれた.

参照で今度ケンソング攻城時大きく目立った血盟があったが, すぐ 5年ほど血ラインと同盟を結んで来た事故屋(以下自害) 血盟だ. これらがいつから李実戦説ラインと攻城を一緒にしたかは分からないが昨日あったケンソング攻城に大きい力を発揮した血盟だ.

6時 16分ケンソング攻城戦が始まった. 西門入口下側はエルフで構成された者して血盟員たちが掌握した. だから性入口と村入口の間では血ラインユーザー達が過ぎ去りにくく見えて実際でも静かだ. 一方同槍(窓)側は両ライン皆弓ピダン主として構成されて矢が夕立ちのように行き来する.

あ.. 攻城始めてからやや過ぎてもう同槍(窓)が滞る勢いだ. "~", "進んでください!" ... 伝説ラインユーザー達の言葉だ. もうちょっと追いやれば...!! しかし血ラインの早い支援とメテオ団お陰に受け止める. 李実戦説ラインにギョックスがもうちょっとあったら状況は違ったであろう..

いくら経っただろうか. 序文では自害血盟員たちが行き交うヒョルライアあるユーザー達を向けて無限トリプルを飛ばす. この時急に序文駄をしていたギョックスドルに "同槍(窓)支援" というではなく浮かんだ. フダダック~ 駆け付けて見たらいつのまにか同槍(窓)が抜けてしまった. ギョックス不足で難しく見えたが.. どうする英文なのか知りたかった. ヨトン守護塔周りにはもう李実戦説ギョックスドルが駄を打っている. (どこで現われたか..--)

7時 2分, もう1時間がドエガンダ. もう反対に血ラインの攻撃が始まった. 血ラインも李実戦説ライン位ギョックスの数が少なく見える. 普段団合よくできた血ラインユーザー達. 童謡の光が見える. この時序文方へ向かいなさいという血ラインの緊急な指示が下ろされた. 一方李実戦説ライン何も分からなかったまま熱心に同槍(窓)だけ阻んでいる.

序文に到着して見たら李実戦説側エルフたちが滞る勢いだ. 同槍(窓)側も手強くて支援が不如意だ. 一方序文外角側はギルレックのせいに性前に進入出来ない血ラインギョックスドルが自害血盟員たちと盛んに戦闘中だ. 自害血盟員たちが大きい成果を見せてくれる. 結果論だが, 血ラインが外角よりはかえって周りウィザードたちと同槍(窓)をずっとミルオッオッヤしたという気がする.

ヒョルライアあるギョックスドルが盛んに外角で一点社ユーザー達と争っている頃,李実戦説側メテオ団 3人が用心深く序文方へ進入する. 死をかえりみず派手な魔法であっという間に阿修羅場で作ってヒョルライアあるユーザー達混乱させるのに成功して, 今度攻城戦も李実戦説ラインの物で飾る.

似ている視覚に始まったアデン城は血ラインが占めた.

このページの記事を読んで思いついたキーワードを入れてみてください。 キーワードはスペースで区切り複数設定できます。既にタグが付いている場合も追加可能です。 例:EP5 エルフ 実験

Tags : none..

翻訳元 Game About

KRNEWS HEAD LINE

RSS | ATOM

PICKUP TAGS

NEWS RANKING

  1. INTナイト? クラス別ステータス選好類型 best5(01/20)
  2. 新トーキングスクロールクエスト完全攻略(12/23)
  3. [全体] UI4次アップデート、多様化されたチャット システム(07/30)
  4. 倉庫、以前のようにインベントリ順に見える(07/31)
  5. 全サーバー最初, 真冥王の執行剣登場!(12/04)
  6. 竜騎士村, ベヒモス行き方案内(12/17)
  7. MR 200でダメージはいくら?(01/05)
  8. 新しいエルフ 50 レベルクエスト整理(11/26)
  9. 本サーバー, ステータス初期化-魔法アイテムアップデート(08/20)
  10. ハンティング時支出、ポーション値段など減らしてみよう(07/13)
Copyright(c) GAME ABOUT inc. All Rights Reserved. Lineageand Lineagethe Cross Rancor are registered trademarks of NCsoft Corporation. 1998-2007 Copyright NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute, and transmit Lineage the Cross Rancor in Japan. All Rights Reserved.