Shitaraba Lineage News

Translasion of Lineage

[イシルロテ] 5日, 熾烈だったアデン城攻防戦!

2007/05/07 16:07

[イシルロテ] 5日, 熾烈だったアデン城攻防戦!

去る 5日にあったアデン攻城戦現場を盛って見た.

最近イシルロテサーバーは句砂ラインが李実戦説(以下伝説)ラインに変わるによって沈んだ攻城戦が活発に成り立っている. 攻城戦の活性化になった始発点は通ったケント城攻城だ. この日攻城は伝説ラインの敗北で済ましたが, これをきっかけで戦列を整えてヒョルラインをモルアブッヒギ始めた. 今度記事(ナイト)は去る 5日進行されたアデン城攻城現場を盛った.

5日, ケント城攻城が終わってウィンダウッド成果アデン誠意攻城戦が始まった. 前でケント城攻城に失敗した伝説ラインはウィンダウッド城を防御して, 黙った. その間首脳部の作戦会議があったのか 10分余りの沈黙末にアデン誠意守護塔を伝説ラインが奪ったというニュースが聞こえた.

伝説ラインの勢いにヒョルラインは人員を整備して, パーティー別で攻撃手たちを配置した. 伝説ラインはヒョルラインの対応に守護塔にエルフとウィザードを配置して, 攻撃手たちで外角にパリケートを形成して対立した.

アデン城 1時方向で借り家を把握することができなかったことと見えるヒョルラインのメテオ団と攻撃手たちが伝説側メテオ団によって崩れた. 両ラインは皆攻撃手が不足で相手ラインのウィザードたちのみを集中攻撃する戦略で攻城戦を進行した.

いくらの時間が経っただろうか. 守護塔を向けて猛烈な攻撃をパブッドン血ラインが一斉に帰還し始めた. 伝説ラインは呼吸を整えるために戦列を財政費した. 伝説側は血ラインの猛攻がつながるはずだから予測したように次の戦闘のための動きを見せた.

2分の時間が経った. アデン城 8時と 3時羊方向でヒョルラインのメテオが炸裂した. ヒョルラインの急な攻撃に伝説側は荒てたように右往左往する姿をボヨッダ.

これを始まりに伝説ラインはヒョルラインの猛攻に外角まで押し寄せた. まだ守護塔は奪われなかったが, 危なげな状況が演出された. 外角で押し寄せた伝説側弓ピダンが守護塔を向けて突撃する. ヒョルラインの攻撃手たちは相変らず守護塔を向けて鋭い攻撃を浴びせる.

一方, 以前戦闘で滑路を開いたヒョルライアある側メテオ団はアデン城 7時方向に用心深く足を移した. しかしこれを待ったように伝説側攻撃手たちが彼らを迎えた. ヒョルライアある側メテオ団は伝説側攻撃手たちの荒い刃の前に帰還を選択する.メテオ団が整理されると戦場の静寂が尋ねて来る. 攻城戦が 6分残った状況だ.

ヒョルライアある側人員がますます減り始める. 伝説側の攻撃手も数字がよほど減った. ヒョルラインの集中砲火がもう一度つながったら,このまま崩れる雰囲気だ. しかし戦況は沈黙につながった. 血ラインのさばき髪攻勢は意味がなかった. そのようにアデン城攻城戦は伝説ラインが占めたまま仕上げされた.

  • コメント表示
  • コメント非表示

このページの記事を読んで思いついたキーワードを入れてみてください。 キーワードはスペースで区切り複数設定できます。既にタグが付いている場合も追加可能です。 例:EP5 エルフ 実験

Tags : none..

翻訳元 Game About

KRNEWS HEAD LINE

RSS | ATOM

PICKUP TAGS

NEWS RANKING

  1. INTナイト? クラス別ステータス選好類型 best5(01/20)
  2. 新トーキングスクロールクエスト完全攻略(12/23)
  3. [全体] UI4次アップデート、多様化されたチャット システム(07/30)
  4. 倉庫、以前のようにインベントリ順に見える(07/31)
  5. 全サーバー最初, 真冥王の執行剣登場!(12/04)
  6. 竜騎士村, ベヒモス行き方案内(12/17)
  7. MR 200でダメージはいくら?(01/05)
  8. 本サーバー, ステータス初期化-魔法アイテムアップデート(08/20)
  9. 新しいエルフ 50 レベルクエスト整理(11/26)
  10. ハンティング時支出、ポーション値段など減らしてみよう(07/13)
Copyright(c) GAME ABOUT inc. All Rights Reserved. Lineageand Lineagethe Cross Rancor are registered trademarks of NCsoft Corporation. 1998-2007 Copyright NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute, and transmit Lineage the Cross Rancor in Japan. All Rights Reserved.